白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

13日の金曜日で仏滅。だが…。

本日は、実は13日の金曜日である…。
しかも、仏滅という全世界的に不吉な日になっている。
しかし統計的に見ると、実は13日の金曜日は事故や事件が少ないという
データもあるらしい。
この仏滅というのも、釈尊の入滅された日ということで
不吉な日とされているのだが、これも六曜の考え方の一つだ。
だが、本来の意味とは違う意味でとらえられている場合もある。


例えば、友引というのがある。
これは「友を引き寄せる」という意味と考えられ
結婚式などの慶事には結構だが
葬式などの弔事には向かないといわれている。
だが、これも間違いの一つで、友引の本来の意味は
「共を引く」即ち、引き分けになるということで
「勝負事には向かない」という意味である。
僕も先日、とある企業の方にいわれて、なるほどと思ったのだが
だからといって、今更風習を変えるわけにはいかないというのが
験を担ぎやすく、迷信深い日本人というものである。
とりあえず、右にならえをしておけば面倒なトラブルに巻き込まれることもないし
関係する人々も不快な思いをせずに済む。万々歳である。
そういうのは、海外の人々から見ると極めて奇怪に映るようだが
吉か不吉かはともかく、マナーだと思っておけば納得できるかもしれない。
長年信じられてきた風習というものは、それが本物になってしまうのだから
不思議なものである。