白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

石油資源開発、カナダでシェールガス生産

天然資源採掘を手掛ける石油資源開発株式会社(東京都千代田区、渡辺修社長)は
4日、カナダのブリティッシュ・コロンビア州でシェールガス開発・生産
LNG液化天然ガス)プロジェクトに参画することを発表した。
これはマレーシア政府系企業、Petroliam Nasional Berhad(ペトロナス)と共同で
実施するもので、石油資源開発現地法人、JAPEX Montney Ltd.を設立し
それを通じて事業を行う。
すでに、ペトロナスが採掘を行っているブリティッシュ・コロンビア州の
ノース・モントニー鉱区のシェールガスの権益10%を取得するほか
シェールガスLNG化して輸出する事業の10%を取得することで基本合意。
年間生産量は1200万トンのうち、120万トンの権益となり
それを現在事業化計画中の相馬LNG福島県新地町)に輸入する。


同社では、「カナダの豊富な天然ガスLNG として輸入することは、我が国のLNG調達先の
多様化などエネルギー需給改善の一翼を担うことに繋がります」としており
今後はペトロナスとの正式契約締結を行うほか、カナダ政府の承認を得る見通し。