白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

オタクに国境なし!

いかなる状況にあっても戦車はやめない。
いや、そりゃ言い過ぎだな…。
よほどのことがない限り戦車はやめない。
もう日課みたいなもんだなこりゃ。
とにかく、最近は小隊(platoon)を組んで戦場に向かうことも多い。
外国の人なんだけど、主にチャットでガルパンの話をしたりしている。
「え、お前英語できたの?」なんて思われるかもしれないが
ぶっちゃけ、ブロークンでもどうにかなるもんだ。
なぜなら、相手も結構ブロークンだから。
例えば「ur」「u2」これ、どういう意味かわかる?
urは都市機構じゃなくて、「your」の略。u2は「you too」の略。
文法?そんなもんなきに等しい。
wtf」などは「what the fuck!(なんてこったい!)」の略だ。基本的に
fuckつまり四文字言葉はつかえないので、略語を使うのだ。
あくまで印象だけど、ネイティブなプレイヤーが実は一番くだけた言い方をするし
誤字も多いような気がするな。

遮蔽物があると、上図のように照準を合わせるのも一苦労。
敵を発見したと思ったら、山の向こう側にいたりする。
それに気づかずに、照準を合わせることに気を取られて
別の方向から射撃されたりする。遮蔽物があると見つけられにくいしね。