白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

油断も隙も

今日のworld of tanksなんだけど、意外な落とし穴について。
基本的に射撃は、拡大して照準を合わせて行うのが一般的。
走りながらとかだと、照準を合わせる暇などないのだから
イチかバチかみたいな感じで撃つと、まぁ意外と当たったりする。
まぁ当てても、貫通するかどうかってのが…。

砲身を変えてみまして、7.5センチkwk/L100。
画面からはみ出てますけど…これで合ってます。
7.5センチというのは、口径のことで、即ち穴の大きさのことを言う。
これがでかいと、それだけ大きな砲弾を撃つことができるという意味。
一方、砲身の長さは口径×Lで計算すると出てくる。
そうすると、砲身の長さが何と7.5メートルということになってしまう。
もちろん、そんな長い砲を搭載すると、普通なら前のめりになってしまう。
なので、車体後部に荷物などをいっぱい置くなどの涙ぐましい努力をしたようだ。
もっとも、Wotでは重力なんかあってないようなもんですがね。

水泳をしてしまった味方の戦車。水の中に入ってしまうと
一定時間で戦闘不能になってしまう。この場合、もはや10秒で出るなど不可能。
たまにボチャンと落ちることがあるので、注意したいところ。
「Idiot!」「LoL」などと馬鹿にされてしまうぞ。