白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

人とは闘争のある生き物である

今日は雨、やや冷える。
といっても、10℃以上はあったのでは?
今や二桁気温があるだけで暖かく感じる今日この頃です。


さて、巷ではオバマ大統領再選だの、日本直販民事再生申請だのと
騒がしい世の中ではありますが
僕も忙しい日々を送っております。
とはいえ、戦車に乗る時間があるだけ、まだマシなのでしょう。
マジでやばいときは、戦車に乗る時間があったら仕事しろ!
と自分を殴り倒したくなるくらいだものね。


ところで、今日も出張で県北のほうまで行ってきた。
実はいろんなことで、地域が2つに分かれて対立しているところで
一方の会合に参加してきたのだった。
事情はいろいろとあるけれども、外から見れば実は些細なことだったりする。
しかしそこは人の性というやつで、どうしても頑なになってしまうところがある。
そこはもう理屈じゃねえんだから、とことんまでやってくれとしか言いようがない。
こういうのは、いろんなことに言える。政治の場でもそうだし、思想信条だとなおさらだ。
だからこそ、紛争てのは起こるものだし、武力を無くそう!なんてのは
人である限り不可能。いざとなりゃ、拳も武器になるからね。
一番良いのは、軍事力を持つこと。相手も攻撃できないし、こちらも手を出せないというわけ。
つまり、戦争をしないための武力を持つということが大事なのだ。


帰宅したのは23時過ぎ。いやー、つかれた。
ま、戦車乗るけどね。