白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

SFコーポレーションが破産

消費者金融大手のSFコーポレーション(神奈川県横浜市、日置真社長)が
8月27日、東京地裁に自己破産を申請した。負債総額は1897億円。
同社は、1975年に三和ファイナンス株式会社として設立。
消費者向け貸金を中心に、08年には全国で約400店舗を展開。
準大手に成長したが、いわゆる「グレーゾーン金利問題」により
売上高が減少、さらに金融庁から行政処分を受けるなどして
経営が悪化した。
08年9月には、かざかファイナンスの傘下に入り再建を図っていたが
過払い金の返還も思うようにいかず今回の措置となった。


過払い金の返還については、引き続き消費者金融業界を
大きく揺るがしているが、今回の震災によって
さらにマズい事態になる可能性がある。
元々ローンを抱えていた人が、資金繰りに行き詰って
新たにローンを申し込むことが多数に上るからだ。
これが「二重債務」として政府は、信用保証制度や私的整理ガイドラインなどの
対応を講じているが、金融機関は債権放棄などを迫られることがあり
消費者金融各社も、何らかの対策が求められている。
ただ、二重債務問題は住宅ローンや事業再建コストに係る資金が主であって
消費者金融は小口融資だから影響はさほど大きくないかもしれないな。