白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

反天連のカスどもを許さない

今日は晴れ、暑い。
いやぁまた今日も暑かった!
すぐ汗がだらだらって感じ。それほどだった。
終戦記念日周辺は晴れるよな。これも英霊の力なのだろうか。
東京でもめっちゃ暑そうだったから大変だよなぁ。
その東京に行ってきますけどもね。


さて、今日は墓参りにいってきたのだが
何度も言及しているように、父方の祖父は下士官として支那事変に従軍した。
俺が幼いころに亡くなったので、あまり思い出はないが
勲章や賞状などを残しているのを見ると
何やら誇らしさを感じる。というわけで、墓前に靖国詣でを報告した。
もちろん、第四連隊の皆さんも。というわけで
写真も持っていくつもりだ。
当日がとても楽しみだよ。3度目の靖国だが、祖父を同行するのは初めて。
だから厳かな心持がする。がんばるぞ!


夕方は、反天連の靖国キャンドルデモへのカウンターを生放送で見る。
反天連の告知メッセージを見たが、意味不明。
結局皇室が国民に慕われていることを認めた上で
政府の責任を云々言っているだけだが、皇室は政治に関与されない。
これは憲法で定められているじゃないか。なぜ皇室の動きを
政治につなげようとしているのだろうか。バカじゃないの。
結局のところ彼らは、反体制に自らの存在意義を感じることで
カタルシスを得るわけで、自己満に過ぎない。
国益や国民の心情は一切考慮していないのだ。
これらが靖国の前をデモ行進する。俺は全力の怒りを以て
カウンターに参加する。会長の指示のもと、あらゆる阻止行動を排除しない。
在特会は混乱するからと、警察署に対して粘り強く許可を与えないよう要請してきたが
ムダになった。俺は絶対に連中を許さない。
全力で叩き潰しにいくから覚悟してデモをするがいい。