白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

日銀、為替介入もほぼ意味なし

日銀が、円高傾向にある現状への対策として
為替介入を行うことを明らかにした。介入額は10兆円規模になる。
さて、この10兆円を復興資金に充てろ!という声もあるが
実はこの円売り介入は、外貨準備金から供出される。
これらの原資は、100兆円にも上るといわれているが
ほとんどが外国の債券であるために、自由に売ることができない。
今回の場合、円売りドル買いだから円を売って米国債を買う。
その資金は銀行から借り受ける。
さらに、追加金融政策として資産買い入れ基金の規模を
5兆円から10兆円とした。これは社債やCPなどのリスクがある金融商品
市中銀行から買い付け、資金が循環するようにするというもの。
しかし、米国がデフォルトの危機があるということや
世界経済の先行き不透明感から、円相場は再び円高に移行した。
格付け会社スタンダード&プアーズが米国債の格下げを発表し
さらに円高が進むことが懸念されている。
世界経済は極めて厳しい状況にあり、世界同時不況が到来する可能性が危惧されている。