白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

抗議活動に上品さ?

今日は晴れ、やや涼しい。
晴れてもそれほど寒くないってのは
非常にいいことだと思う一方
夏らしからぬ気候にいささかガッカリしているのは
俺だけではあるまい。夏は暑くて
あつはなついなー」なんて言ってるやつを
ぶん殴りたくなる衝動にかられる中之条君に共感するのが
この夏の醍醐味ではないかね?
それかビール。
ビールっていうと、本当におっさんみたいだなぁと思う。


今日は何だかいろんなところでデモだのやってたみたい。
こういう時にすぐ人が集まるってすごいよなぁ。
仙台でも、意識が低いかっていうとそうではないような
気はするんだけど、おっとりして恥ずかしがり屋ってのは
ほとんど当てはまるから、表に出たがらないんだろう。
講演会なりセミナーとかで質疑応答っていうと
質問がないのが当たり前だと思っているんだが
そうすると「え、本当にないんですか?」と東京とかの人に
言われる。終わった後にぞろぞろと質問に行く様はなんというか…
当たり前の光景なんだが。
しかし、こと政治についてはそんなこと考えてはいられない。
恥ずかしさや自分の立場というのを超えて、やらなきゃいけないことがある。
安全地帯で、言葉づかいだとか、上品さとかを説く人もいるが
国会で乱闘は起きないのか?国会で下品な野次は飛ばないのか?そんなことはない。
上品さや言葉遣いは、必要な時にわきまえるべきで
そうでない抗議活動には、はっきりいって手枷足枷にしかならん。
朝鮮人反日左翼と対峙する時、それは実感するんだよ。
というわけで、こっちもいささかアクティブになってきたところで
こういう言い訳っぽいことを言ってみるのであった。