白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

フリーランス・雑誌・ネットメディア有志の会の記者会見

本日、フリーライターや雑誌記者などでなる
フリーランス・雑誌・ネットメディア有志の会が
小沢一郎民主党元代表の記者会見を開催した。
これは、記者クラブで最近まで加盟が認められていなかった
フリーランスのライターや雑誌、ネットメディアの記者が
既存の記者クラブに対抗する形で設立した団体で
動画投稿サイトで広く公開された形となった。
俺も、この生放送見ていたんだけど、これまでの記者クラブでの
型どおりの内容ではなく、言いたいことを言えるような和やかな
雰囲気の中で進められていて、記者会見だけど記者側からも
意見が言えるような形で、これは新鮮だと思った。
そもそも記者クラブがなぜ批判されるかといえば
同じジャーナリストでも、最近まで入ることができなかったことや
国民の知りたいことが本当に伝わるのかという疑問が
ずっと指摘されてきたためだ。そのため、日本の報道自由度ランキングは
先進国でも評価が低いのはこの制度のせいなのだ。
また、記者クラブごとに記者懇談会というイベントがあって
これは接待なんじゃないの?という批判もあった。
俺は今回の有志の会は、とてもおもしろい試みだと思うし
どんどんやるべきだと思う。それで国民はどっちを支持するか
それほど時間はかからないだろうし、国民にダイレクトに届く
双方向の記者会見というのがこれまでになかったからだ。
これを契機に本当の「知る権利」は何か。
改めて既存メディアに問われることになりそうだ。