白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

河北さんが露骨な売国を始めました。

河北新報だか華北新華社通信だか知らないが
東北のブロック紙を自認するところの同紙で
日韓併合100年を記念して、特集「ニッポンに生きる」を連載。
これは、在日朝鮮人日韓併合の後にどうやって過ごしたのか
を書いたもので、第一回の今回は朝鮮学校建て替えについての
特集をやっていた。
それがまた酷い。事実誤認もいいところで、ジャーナリストとしての
資質を疑わざるを得ない記事だ。誰だこれGOサイン出したの。
そういうわけで、その記事に一々ツッコミを入れていきたい。



1、「東京都が簡易住宅を建て、周辺のバラックで暮らしていた
   朝鮮人を移住させた…(中略)…ごみ処分場に近く、生活環境
   は劣悪だった」




不法占拠の朝鮮人の移住先はどっかの豪邸でも用意しろって?
バカ言っちゃいけない。で、簡易住宅を建てた費用は誰が出したんですか?
ボクの認識が正しければ、不法占拠の朝鮮人に税金で住居を建ててやった。
そういうことになると思うんですが。
生活環境が良くないとか言える立場なんですかね。




2、「戦争が終わると、それまで日本語教育を強いられてきた
   在日朝鮮人は各地で朝鮮語の学校を開設」



強いられてきたって…いつから日本で日本語教育をしたら
いけなくなったんですかね。
それに、当時朝鮮人は日本人だったはずですが。
自分たちで勝手に内地に来たのに、日本語教育を「強いられてきた」
って、図々しいと思わないのかな。





3、「宋は「ここでは民族の世界観を養っている。でも、朝鮮の言葉
   や文化を教える以外、現在の授業内容は日本の学校と変わらない」と説明する」




はい、その教科書拝見しました。全然日本の学校と違いました。
民族の世界観=偉大なる将軍様日帝米帝を打倒せよ!
ですよね。そうじゃなければ、朝鮮総連と手を切れるでしょ?
あと、日本の学校行ってない上に、日本の教員免許持ってないのに
よく日本の学校の授業内容と同じってわかりますね。




4、「敷地の大半は東京都の所有で、無償貸与の契約が90年に切れた後
都と学校側が払い下げ交渉を重ねた。だが価格が折りあわず、都知事
石原慎太郎は2003年、土地明け渡しを求め提訴した…(中略)…
日本人の根底には差別が残っているのかと感じた」




無償貸与の契約が切れたっつってんのに、何で差別になるんですか?
大体、何で無償貸与になってるんですかね。あんたがたの土地じゃないのに…
朝鮮人の根底には日本人への差別が残っているのかと感じた。





5、「村田文雄は「歴史的経緯を考えれば、政府は在日の民族教育を
   保障するべきだ…(略)」と話す」




勝手に出稼ぎに来て、土地を不法占拠した挙句に
日本語教育を強いられただの、日本人に差別されただの
抜かす経緯を考えれば、民族教育は北朝鮮でやるべきだと思います。


というか、こんなのちょっと考えれば誰でもおかしいって
気付く内容だし、これを掲載するのって新聞社としてどうよ。
僕は売国新聞の汚名を自ら着るという、恥さらしにしか見えないんですが。