白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

在日特権を許さない市民の会宮城支部設立記念講演会開催

本日は晴れ、やや暖かい。
昨日とは打って変わって
まったく絶好の講演会日和だった。
しかし支部運営は、どれくらい入場者があるのか
気になってしょうがなかったね。


お昼に、打ち合わせを兼ねて桜井会長・チーム関西の岡本さん、米田広報局長
そして、せと弘幸さんと会食。運営を手伝ってくださる方も
いらっしゃって、随分にぎやかな一行となった。
今回の会場は、定員が35人と狭いところだったが
実際人来なかったら笑えねえってことで、それくらいの部屋にしたんだが
実際、開場してみると、なななんと、50人の方がおいでになりました。

この後ろにも大勢おられます。
まず、在特会宮城支部長の秋津昭男より「古代の蝦夷の人々は負けたけれども
戦って名を残した。私たちも日本人として戦わなければならない」とあいさつ。
続いて、来賓のせと弘幸さんが、祝辞を披露し「東北で在特会支部ができたのは
誠に喜ばしいこと。社会変革を目指して共にがんばりましょう」とエールを送った。
そして、在特会桜井誠会長が「外国人参政権に反対する在特会のこれまでの活動」
をテーマに講演し、外国人参政権の問題点や、各地の支部の現況などを解説。
質疑応答では、会場内やニコニコ生放送から活発な質問があり
出席した約50人の市民は熱心に聞き入っていた。


反日左翼の妨害行為についてですが、桜井会長の講演中に
向かいの部屋で音楽を大きな音で鳴らすなど
我々だけでなく他の活動をされている方にも迷惑であったため
施設の職員が何度か注意をしにいったが
とてもふてぶてしい態度で、ミクシィでは
「桜井・せとに文句いってやる。街宣もする」と言うていたのに
短時間、音楽を流すだけだった。ヘタレすぎて、ちょっと期待外れだった。
というか正直、相手にするヒマも時間もなかったもんで
当方ではほとんど無視した。一体彼らは何をしにきたんでしょうね。


○本日の講演会結果
来場者数約50人(会社員、学生、団体職員など)
ニコニコ生放送視聴者約1600人(延べ2500人程度)
総コメント数約10000


最後に、本日は風の強い中足をお運びいただき
誠にありがとうございました。
皆様のご協力により、無事に講演会を終了することができました。
予想外に多くの方がおいでいただき、運営に行き届かない点が
あったと思います。その点、お詫び申し上げます。
本日は設立記念講演会ということで、宮城支部の先触れとしては
大きな成果を収めることができました。
今後、我々も街宣や行政との折衝を含め、保守活動を行っていきますが
ぜひ、皆様のお力添えを賜りたいと思います。
仙台人は外の人には冷たいが、身内とは団結するといわれます。
皆様と一緒にこの宮城支部、盛り上げていきたいと思いますので
今後ともご協力いただけましたら幸いです。