白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

朝鮮学校無償化議論を斬る

さまざまなメディアで報道されていることなので
ご存知の方も多かろうと思う。
現在、内閣で進められている高校授業料無償化案について
朝鮮学校が無償化から除外される方向で検討されている。
その根拠はいくつかあって


1、朝鮮学校北朝鮮系の朝鮮総連との関係が深く、わが国は北朝鮮と国交がないために
  授業の内容がよくわかっていない。


2、朝鮮学校は学校教育法に定める高等学校ではないので
  無償化から除外されるのは当然である。


3、朝鮮学校金日成金正日崇拝などの民族教育を行っており反日教育
  行っているとされる。そのような学校を無償化にする理由などない。


といったもの。
当然といえば当然である。代々木アニメーション学院が無償化になったら
俺もヒマな時に通いたい。
そんなことはないが、とにかく法的立場では代アニも朝鮮学校も同じである。
一方、朝鮮学校関係者は以下の主張で、無償化適用を訴える。


1、朝鮮学校はスポーツや文化活動で多くの成績を残しており
  卒業者が大学に進学し、弁護士や医師になっている。


2、朝鮮学校に通う子どもには何も罪はない。なぜ子どもを巻き込むのか。


3、朝鮮学校は地域の一員として溶け込んでおり、その点からいっても
  通常の各種学校とは違う。


といったもの。まず、1については、あーそうですか。としか言えない。
同時に、やっぱりな。とも思う。なぜなら、大学に進学できるようになったのも
元はといえば朝鮮学校が「大学入学資格がないのは差別だ!」と騒いだので
仕方なく大学が門戸を開いたに過ぎない。今度は授業料無償化せよとは
やはり一つ認めると、次々に権利を要求してくる!と思われても仕方がない。
2だけど、子どもを巻き込んだのはそもそも親のほうで
最初から普通の学校に通わせておけばよかっただけの話。
子どもが朝鮮学校に通いたいというて通っているのなら
それはやっぱり子どもを巻き込んでいい問題。
3について、少なくとも地元の朝鮮学校は普段は固く閉じられていて
一般人は入れないし、特に近隣住民を招いてイベントをやったりしているわけじゃない。
つまり、交流がない以上、地域にとってはあってもなくてもいい存在。
学校説明会でランチサービスしてくれる専門学校のほうがよっぽど地域交流してるよ。


だから、これはもう結論は決まっている話なんですよ。
個人的には、私立大学の無償化は大変喜ばしいことだけど
なぜかといえば、東北地方は首都圏と違い、公立に入れなかった人が私立に行く。
つまり、公立高校には全員の受け皿はないから、私立がある。
私立は私立で、独自の教育システムがあるし、先生の異動がないから
その分、手厚い指導ができる。
そういった教育上のメリットがあるので、無償化は俺は当然じゃねえか
と思っていたんだ。