白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

奉祝、天皇陛下御即位20周年

今日は晴れ、やや暖かい。
うむ、今日という日をあらゆるものが祝福しているようだ。
昨日は雨、明日も雨っていう中日で晴れってのは
やっぱそういうことを思ってしまうよね。


さ、そういうわけで今日は今の御上のご即位の礼が執り行われて
20年目。日本国民として、それは祝意を表さなければ!
ということで、宮城県で記帳所が設けられたのでさっそく行ってきた。
穏健的政治経済連盟、略して穏政連の首脳部は俺と中堅氏。
かえる氏もお誘いしたかったな。
これが設けられた記帳所。場所は4つもあって
しかも待合のために椅子も用意されていた。

しっかり記帳させていただいた。
我々は、こういうことにはかなり敏感。
だから皇孫殿下ご誕辰遊ばした際にも記帳させて頂いたし。
国民皆がお祝いするって、素敵やん?
その後、18階で写真展をやっているので、それも拝見。
両陛下が東北に巡幸遊ばした際の写真がいろいろ展示してある。
例えば、山形県での植樹祭や、みやぎ国体の時とか。
みやぎ国体は俺も会場に観戦に行っていて、御上のご竜顔を拝そうと思ったが
皆立ち上がって見ようとするもので、全然見えなかった。
それで、誠に御上を国民がお慕いする心というのは、純真なものであって
高校生の時分ながら感動した覚えがある。
何はともあれ、皇室は日本国の象徴君主であらせられるだけでなく
世界各国の王室、元首から尊敬の念が厚い。
さらに歴史的に見ても、世界で最も古い帝室であり、その役割たるや
常に日本の歴史をリード遊ばしてきたのである。
怖れながらこれからも御上にはご活躍頂き、我ら国民が統合して日本の発展のため
誠心誠意頑張っていこうではないか。


☆本日の衝動買い☆

続・世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)

続・世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)

○○のジョーク集の本家本元の早坂さんによる新作。
こういうのは外国の日本に対する評価を知ることができてナイス。
早坂さんのコメントも、考えさせられるものがあって
とても面白かった。


墨子 (講談社学術文庫)

墨子 (講談社学術文庫)

城攻め、城の守りのプロフェッショナルでありながら
非攻、兼愛を説き、突然歴史から姿を消した集団。
これはなかなか…中身は合理的な方法が書いてあって
思想的である孫子より実践的だ。


新訂 官職要解 (講談社学術文庫)

新訂 官職要解 (講談社学術文庫)

これ久々の大ヒット!
平安・鎌倉・室町・江戸の朝廷の官職から幕府の役職
さらに神職・僧職の官職についての由来や職掌など
極めて詳しく書いてある。これはすごい…。
当時のあらゆる歴史書、解説書をフル動員しているし
とても慎重。信頼性もバツ群。
歴史に興味がある方にはぜひオススメしたい1冊だ。