白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

「マンデラの名もなき看守」

マンデラの名もなき看守」を見た。
これは、アパルトヘイト体制下の南アフリカ
マンデラが刑務所に服役していた。
そこへ、幼い頃に黒人と親しくしていたことがあり
部族の言葉を話すことができるという理由で
主人公が配属されてくる。
最初は、アフリカ人を野蛮人と呼び、暴力を容認していた主人公だったが
マンデラの組織が作った「自由憲章」を読み、マンデラと接することで
自分の認識の誤りに気づき、次第にマンデラに共鳴するようになっていく。
そんな中、社会情勢も変わってきて…
という話。
なかなか良かったな。当時の映像を交えながらストーリーを進めていく
という方法も良かったし
主人公の心情の変化がよくわかった。まぁ、マンデラに肩入れすると
クビになるかもしれんし、こちとら家族がいて生活もあるわけだしね。
そういうジレンマがよく表現されていて、とても良い!