白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

東国原知事の一突き

自民党の菅選対委員長が宮崎県の東国原知事
出馬要請をしたところ「自分を総裁候補にするなら考えてもいい」
と言われたそうだ。
そんで、自民党内では大島国対委員長やら何やらが
「のぼせあがるな」「ジョークだろう」と反発の声を上げた。
こういっちゃなんだけど、この反応には4つほどおかしな点がある。


1、知事は経験いらないのか?
県知事って、俺が知る限り凄く大変そうだ。
東国原知事も睡眠時間が3時間しかないのに、おばちゃんと握手しまくったり
全国知事会に出たり、ホント激務だ。それなのにボーナス返納とかする。
それに、小泉改革における都道府県はどんな位置づけだった?
俺の認識では、ミニ国家を運営してるようなもんだと思うわけだが。
そういや、ジョージ・W・ブッシュテキサス州知事から大統領になったよな?


2、じゃあ自民党はどうなのよ?
タレント議員を多数擁立しておいて、経験とか何とかいわれても。
タイゾーを今更落とすっていうのはつまり使いっぱしりにしか
思ってなかったってことだろうか。



3、自分はどうなのよ?
大島理森国対委員長といえば
複数の違法献金やら口利き料疑惑があって
それが原因で農水相を辞任したことがある。
国政での経験って大したもんだね。
まぁ、前の民主党代表の小沢とかいうのも
結局西松問題をうやむやにした感があるけどさー。


4、国民はどう思うのよ?
この大島だの松浪だのと東国原知事を試しに同じ選挙区でやらせてみたら?
勝ったほうを総裁にするってのどうよ?
国会議員なら正々堂々とこういう方法とればいいじゃない?
確か、マケインはオバマを「経験不足だ」と批判してたけどな。