白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日は雨。かなり涼しい。
えーと、天気のことでいうと
まぁ週末天気崩れるだろうってことは
「お天気散歩」のコーナーで語っていたことだったので
あぁ、確かに。と思った程度だった。
外れると藤沢さんに怒られるからねー。
東北放送の根本さんもすっかり有名になってしまって
おバカキャラが定着していたあの頃が懐かしいよ。
カムバックホーーーーム!!


今日は、中堅宅にて中堅会緊急上級指導者会議が行われた。
これは、統一会派中堅会会長や副会長、幹事長、国対委員長といった
三役のほか、財政を司る資金管理団体のトップも出席する
いわゆる、戦時中の最高戦争指導会議のようなものである。
それ以外はすべて出席が許されず、会議も非公開である。
しかしながら、党友団体代表世話人の俺は、傍聴のみ許された。
この席上、会長は背もたれ10尺はあろうかというカーボン製の黒い椅子に
身を預けたまま、ずっと黙したままであった。
その表情は、自らの不明を恥じるかのように伏せられていたが
頬は痩せこけ、声にも張りはなく現在の中堅会の現状を嘆くかのようであった。
その姿を見た幹部一同は
まず驚愕し、そして目を伏せた。
議場は静寂に包まれ、数刻ののち、会長が静かに口を開いた。
「友よ、始められるがよい。
私には、諸君が話をすることを許すことしかできないのだ」
こうして、厳粛を保ったまま、そして最後には喧騒で会議は幕を閉じたのである。


さて、それからツタヤにGOしたわけだが。
その時、雨が降っていて、慌てて店内にダッシュ。
しかしふと視界に入ったものが気になった。
駐輪スペースの柵になぜか…
ハンガーがたくさんかかっていた!!
10本くらいだろうか、クリーニング屋が使ってそうな黒いハンガー…。
不思議すぎる…。


明日もまた、忙しい。
1日引きこもって原稿書いてようと思ったのに
社長の代行で行かなきゃいかんところがある。
多分記事にはならんだろうけど…なんだかなぁ。


☆本日の衝動買い

騎士団 (Truth In Fantasy)

騎士団 (Truth In Fantasy)

これまぁ、騎士団とよばれる存在はいろいろあるが
本書ではむしろ、騎士団というのを拡大的にとらえて
「歩兵を率いる騎士」のことで、その歴史を述べている。
個人的には騎士団という存在は、聖ヨハネ騎士団テンプル騎士団
ドイツ騎士団マルタ騎士団くらいしか思い浮かばないんだが。