白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日は雨。やや涼しい。
今日目が覚めたら、そこは霧の町でした…。
いや、ホントに…凄い霧だったな。
で、雨も強く降ったり止んだりで
もう蒸すしさ、冷えるなら冷えるで…。


さて、今日は取材。
その前に、編集部から電話が何度かかかってきたのを
まったく気づかなかったんだが
「留守電にしてくださいー」といわれてしまった。
別に締め切りが嫌だから逃げてるわけじゃなくて
普通に気づかないだけなんだけどね…。
そこで、現機種にして初の留守電設定をした!
…なんだか、老いを感じたよ。
取材では、話を聞いておしまい。
でも受付のお姉さんがとてもフレンドリーに挨拶してくれるのが
とてもいいね。


さて、帰宅後。俺はもうガチで寝る体勢に入っていた。
眠かったので。とりあえずね。
そこへ。親王殿下より令旨。
「朕、卿等にクシャルダオラ追討ヲ命ズ」とのことだ。
中堅に転送したところ、彼は極めて面倒そうだった。
続いて第2報。
「疾ク朕ガ兵ヲ用ヒ出師スヘシ」
うわあああ!慌てて俺は御所におっとり刀で駆けつけた。
そこには、親王殿下の弟宮もおられるではないか。
されば、弟宮様征東将軍に奉じ、軍勢を進めたが
敵も決死の防戦なれば、戦線の停滞も必定。
そこへ、妃殿下の大筒隊が後方より撃ち出でたれば
敵はたちまち大混乱。そこへ我等北面の武士が斬りかかりて勝ちをば収めたり。
妃殿下かくのごとき武伝あまたあり。後に「尼将軍」と称さるる。