白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日は晴れ、やや暖かい。
いやー、とてもいい天気ですー。
すばらしい!もう地球に生まれて良かったーーー!!
なーんてな。
ふう……。


今日はHermit氏と共に。
入生沢古墳群というのを発見してしまおう!
そんな決意の元、出掛けた。
山のそばに車を停め、それから山を登ること30分。
我々はすっかり道に迷ってしまった。
…一本道だが。
しかしこの地図はまったくアテにならねえな。
気づいたら、山の頂上に着いてしまったよ。
そして、すごくきれいな景色を堪能してしまったじゃないか!


その後、俺はなぜか民族裁判にかけられてしまっていた。
その原因は俺が不用意な発言をしてしまったからだ。
「最近俺さー」
「はい」
ストライクウィッチーズを見てるんだよね」
「友よ、君を逮捕する」
そんなこんなで俺はローラント・フライスラーと化した
Hermit氏の尋問を受けていた。
俺は一生懸命釈明したが、フライスラーが無罪判決を下したことが
一回たりともあっただろうかね?


☆本日の衝動買い

日中戦争―和平か戦線拡大か (中公新書)

日中戦争―和平か戦線拡大か (中公新書)

日中戦争って結構ゴチャゴチャしてるよね。
それから、結構日本は南京政府に対して厳しいなぁ。
広田内閣もこれは黙認していたと思われてもしょうがない。


ヒロシマ―壁に残された伝言 (集英社新書)

ヒロシマ―壁に残された伝言 (集英社新書)

壁に書かれた遺書っていうのかな。
こういう痕跡というのは、現代になって見ると
とてもインパクトがあるわけで、嘘八百の証言よりも
真実味があると思うね。これを何とかして保存してほしいもんだ。


右翼と左翼 (幻冬舎新書)

右翼と左翼 (幻冬舎新書)

主義主張は個人差あれど、このカテゴライズは今でもずいぶんあるが
サヨク、ウヨクというのが最早、侮蔑の対象となっているね。
だから、リベラルとか、保守派とか、代替語が主流になっているわけだ。
こういう下らんことを繰り返している間は
この対極間の争いというのはなくならないんだろうな。