白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

維新政党・新風という保守派政治団体があるんだが
そこの活動家が街頭演説中に、在日朝鮮人の青年により
襲われるという事件があった。で、YOUTUBEでもニコニコ動画でも
アップロードされまくっていて、ちょっとした祭りになっている。
内容は、新風の活動家がミサイル発射を非難する中で、在日朝鮮人にも触れ
「犯罪者」とか「ゴミ」と言ったとか。
ネット上の書き込みでは、襲い掛かった在日朝鮮人を非難する書き込みが
大多数を占めるが、一方では「いくらなんでも言いすぎだ」というものもあり
賛否両論があるのが現状。


さて、最近左派の動きに対して、ネットユーザーや保守派がかなり活発な反発を
見せている。理由としては、誰でも意見をネットで主張できるようになったことだが
俺はこれに並んで、実は左派の後ろめたい過去や疑惑が流出したりで
簡単に見つけることができ、これに対応しなかったことが保守派に対しての
敗北といえる。
後ろめたい過去とは何か。朝鮮半島の過去や、南京事件における矛盾。
創価学会などの宗教団体や朝日・毎日などマスコミの暗い歴史だ。
一方、今まで冷遇され続けてきた保守派諸団体は、この時とばかりに
それらへの糾弾を行っている。


一つ、俺はわからない部分がある。
左派系の団体は、何をどう考えても、日本に不利益になることをしている。
なぜだ?
保守系の方々は、在日だからだという。
在日だから、何で日本の不利益になるようなことをし
また、それを支援する日本人がいるんだろう?
では逆に、日の丸を掲げ、国家を誇りに思い、天皇陛下を崇敬する
そうするとなぜ右翼と言われるんだ?
全然おかしいことじゃないと思うんだが。
むしろ、国旗・国歌法は今まで国旗と国歌が定められてなかったから
素晴らしいことじゃないだろうか。
さらに日本は、韓国や中国と隣国で、友好関係はかなりある。
では、彼らが日本を敵視するのは本当に60年も前のことを
蒸し返しているからなのか?
カネの動きがそうさせているという声は根強いけど
本当にカネだけで自分の国家を、或いは隣国を憎み続けることができるのか?


ここで、一つ。
日本人は、「社稷」を忘れてしまっているのかもしれない。
社稷とは、国の守り神のことを言うが、同時に国の源という意味でもある。
例えば、じゃあそもそも国って何よ?ってなった時
国籍だの、居住地だの、言語だのあるだろうけれども
「俺は日本人である」という最も大きな理由は、社稷なんだと思う。
日本人は昔から民間信仰を信じ、神の存在を恐れ敬い
自然に畏怖の念を持ってきた。そして日本文化に慣れ親しみ
日本食からちょっとでも離れると、日本食を懐かしむ。
寺社仏閣を愛し、中近世の城や美術品を眺めて楽しみ
四季の移り変わりに諸行無常を感じ…
こういうのが日本人である!という大きな理由なのではないか?
そうであるなら、そのすべての言ってみれば総裁たる天皇
社稷そのものではないか。
だから、俺は日本人でよかったと思う。まったく日本は
生まれ育った俺も、何度見ても、何度感じても
心が安らぎ、また、落ち着くものだからだ。