白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

【開戦】麻生首相「わがままもいい加減にしないと痛い目見る」野党も

【開戦】麻生首相「わがままもいい加減にしないと痛い目見る」野党も一部賛成へ
http://www.toukyoshinbun.shigatsubaka20090401


[同盟=東京]麻生太郎首相は31日に行われた自民党各派との会合の後
記者会見に応じ、北朝鮮の国営通信社朝鮮中央通信が「人工衛星」としている
長距離ミサイルを日本が迎撃するなら「強力な軍事報復を加え、無慈悲に粉砕する」
と警告したことに対して「なぜ自国の領土に落ちてくるものを撃ってはいけないのかわからない」
と述べた上で、北朝鮮の一連の動きには「わがままもいい加減にしないと痛い目見る。
日米韓で連携して包囲網を築いていく」と明言した。
麻生首相北朝鮮に対して強硬な意見を述べたのはこれが初めてで
野党の間で反発が強まっている。
一方で、民主党保守派議員からは対北武力行使論に賛成する意見も出ており
民主党の卯月騨正衆院議員は「堪忍袋の緒が切れたというのが本音。武力行使という
選択肢は用意するべきで、法案提出も検討する」と記者団に語り、議連を立ち上げるとしている。
共産党の三田侭代参院議員は「憲法9条に違反する重大な発言であり、即刻政権を返上すべき」
と首相発言を激しく批判しており、野党の間では安全保障に対して足並みが揃っていないのが現状だ。





※尚、この記事は架空のものです。