白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

ケネディクスやリサを蹴ってパシフィックホールディングスに全力投資した俺。
当時は狂気の沙汰だ、もう倒産しなけりゃいいや
と悲嘆に暮れていたところだったが
どういうわけか、最近のパシは快進撃を続けている。
もう2日連続でS高だ。
そんで、これは嫌な予感がしてしょうがなかった。
何せ、創建ホームズもアーバンも、実はS高後に民生法を申請しているんだ。
まずいな、うまく逃げないと、と思っていたらば
今日、中国系ファンドが450億円の優先株出資が決定したとのこと。
しかも、日本格付研究所によると長期債権の格付がCCCからB−へ格上げされた。
さらに170億円の無担保社債についてBネガティブからBポジティブに格上げ。
だが、問題はその資金調達について中柏ジャパンという企業が絡んでいるということ。
中柏ジャパンは経営共創基盤の100%子会社で
第三者割当・無担保社債全額を引き受けるとしているが
実は優先株普通株式に転換することができる。
ということは、発行済株式を上回る普通株式に転換することができ
つまり、株式の希薄化に繋がることが懸念される。
そしてさらに、中国の不動産会社が全額出資するということだが
中国での不動産バブルも崩壊の一途をたどっており
その余裕があるのか、ということ。
エルクリエイトの前例もあり、キャッシュが全額振り込まれているか
きちんと確認する必要があるだろう。
とはいえ、今のとこ俺にとっては僥倖!