白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日はくもり、冷える。
あー、今日の冷え込みは
何と、全国でも2位!といっても今季だけどな。
そう、なんだかんだで宮城県は平野だからね。
蔵王おろしとかしんどいね。風通し良いのはいいけどね。


さて、今日は日曜日。
はっきりいってね、日曜日に仕事するとか
何か損してるよね。平日とか誰とも都合つかないでしょ。
だから日曜日こそ休みであるべきだよ。
あれ?でも土日仕事してるやつが友人に多いのは何でだろう。
不思議だなぁ。
実際考えてみると、日曜日全業種休みになればかなりヤバい。
特にインフラ関係だ。例えば原子力発電所というのは
1日も人の手が入らないと自動停止するようになっているそうだ。
つまり、休めないってことだ。シフト制かな。
水道は、実は大丈夫だそうだが、不測の事態が起こった場合はどうなる?
水が濁っただの、異臭がするだの、そういう苦情は日常茶飯事だろう。
それに対応しなくなったら、1日水道水が使えない。
(どっちにしろ水道局は平日以外の対応は結構たるんでる気がするが)
まぁ、それは別に我慢できるけど。
ハッ!違う。できない!なぜなら、コンビニやスーパーもやってないから
水買いにいけない…お隣さんに分けてもらわないとダメだ。
ガスは…まぁうちはIHだから(どっちにしろ使えないけど)特に困ることは
ないが、お風呂関係かなぁ。
スタッフゥ〜!ってそっちも休みかよ!



えーと、今日はDVDでも見ようと思ったが
その前に、俺にはどうしてもやっておくべきことがあった。
「プリンキピア」というゲームがある。
自分が実在の科学者となって、様々な分野の研究をしながら
名声を高めていく、というもの。
これは99年に何かのゲームの賞を取ったんだが
驚くべきは、そのシステム性だ。
まず、研究分野が生物学から熱力学、天文学など多岐に渡っている。
しかもその中からさらに研究テーマが選べる。
(例えば熱力学なら温度、燃焼。天文学なら土星、宇宙の構造など)
そして、アカデミーが存在し、そこに論文を提出して受理されることで
名声が上がる。名声が上がるとアカデミーに入会することができ
さらに名声が上がると、実験主事や事務局長といった役職につける。
役職につけば、提出される論文を審査する側に回るわけで
そうすると、自分と研究テーマが被ってるやつの論文を審査で不受理とする
ことができる。原則多数決だが、会長となれば、一発で受理不受理を決める
ことができて、もはや独裁。
俺はこいつで科学者の名前を覚えたんだぜ。
で、今日はこればっかやってた。研究者同士の相性もあって
ロバート・フックとアイザック・ニュートンは仲が悪かったから
こいつがロンドン王立アカデミーの実験主事になったら全部反対してきてやんの。
頭きて、脱会してやったらロンドン王立アカデミーの権威が大幅に下がった。
パリ科学アカデミーに入会したら、一気に権威上がるしw
俺は小泉純ちゃんかwww
まぁまぁ、99年のゲームにしちゃかなり良作だよ。
しかもフリーゲームだし、俺だったら1000円で買うね。