白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日の日経平均も、ダウ下落を受けて
世界的な下落、8,458.45↓ 1,089.02
という金融危機再び、てな雰囲気が出てきた。
そして、そういう煽りをもろに受けた
井上工業(株)(資本金62億9181万2500円、高崎市和田町2-3、代表中村剛氏、従業員255名)
と子会社のフォレスト(株)(資本金1億円、同所、同代表)は
10月16日に東京地裁へ自己破産を申請し、破産手続き開始決定を受けた。
井上工業は、20円前後を行き来する低位株の代表格だった。
もともとここは四半期決算が悪くて、しかもゴーイングコンサーンの疑義注記が
なされていた。
危ないのはここだけじゃないぞ。新興不動産と建設はピンチ。
というのは、建設業は、受注減と共に材料費の高騰があって
さらに、銀行の融資引き締めが厳しくなっているので
いくら上場していても中堅ゼネコンはキツい。
何せ中堅だしな。そう、中堅は可もなく不可もないので
こういう荒波には弱いんだよな。中堅だし。