白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日は晴れ、やや暖かい。
はぁ、鼻がつまっているのと、ノドが痛い。
これについては発熱がなくてマジで助かった。
薬を飲んで、とりあえず横になっていたら
すっかり眠り込んでしもうた。
すげえ1日ムダにしてしまった…。


しかしまぁ、何も予定のない日でよかったよ。
そうしないと、ちょっと無理していかないといけなかったからね。
だから、読書などしながら静かに過ごしていた。
まぁ、前述のごとく、途中から眠り込んでしまったんだが。


それはそうと、いつも使っている
amazon.co.jpのシティカードが使えなくなる。
12月でサービス終了だそうで、そうすると一般的なシティカードが
勝手に送りつけられるということだ。
どう違うのかというと、一般的なシティカードだとamazonのポイントがたまらない。
そして、年会費が発生する。
実はサービスを開始して1年にも満たないのに
突然の提携解消というわけで、怪訝に思った。
恐らくこれは、シティグループの業績悪化による業務のスリム化が
原因として考えられる。
なぜならば、クレジットカード事業ほど競争の激しい業界も珍しいが
それらは、キャッシングだとか、リボルディングの利率、そして年会費に
よって支えられている。
amazonシティカードの場合、年会費は無料で、しかもポイントがたまるということで
採算をとるにはかなり難しい。
折からの信用不安により、欧州でも金融再編が取りざたされる中
シティグループだけがどういうわけか動きがなかった。
突然ワコビア買収に動いたのは、まさに突如としか言いようがない。
一時は世界一の時価総額を誇ったシティグループであるから、リーマンショック
による損失は実はかなりあるはずだ。
そのため、amazonとの提携を解消、自社のカードのみで事業を展開していったほうが
利益が出ると、こういうことだろう。
現在キャンペーン中で、カード使用額に応じてポイントが加算される
真っ最中。そんな中でなぜ提携解消となったのか。
そういう背景を考えざるを得ない。
それはそうと、何をメーンカードにすればいいんだ…。
Tカードかな。順当に。