白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜」がついに最終回を迎えた。
ここでは、ついに卒業をした皆が故郷に帰り、元の生活に戻る。
しかし、ソラにはそれがとても限られていた。
だから、心を込めた最後の魔法を使った。
一方、豪太は世界中の海を見て、美瑛へとやってくる。
そしてソラに見せてやるのさ。世界中の海を
心を込めて。


本当に、この作品は大好きだった。
音楽も素朴な北海道と下北のブルースなギャップというか
違いがよく表現できていた。
風景もはめ込みだけど、だから伝わった。
一番良かったのはキャラ設定。
ひよりが言っていたように、すげえ魔法使うけど
本当に大切なのは魔法を使うことではなくて、魔法を使う相手のために
なることをするということだった。
それが、金庫のお話。
浅葱は相変わらずツンデレだけど、実は友達思いのとてもいいやつ。
だから美瑛に行くって言い出したんだろな。
でもツンデレだから、実際ソラの家に行ったら悲しくなる。
だから美瑛のソフトクリーム食って帰ることにした。
ソラのオススメだったやつだ。


皆のエピソードや背景があって、でもソラを中心に描かれていた。
それでよかった。ただ、もう少し友達シーンが欲しかった。
1回だけだからなー。そうすればあの3人が仲良くなったことがよく
実感できたはずだ。


名言はいろいろとあったが、心に残ったのはソラが美瑛に戻った時
「人を好きになるのは切ないけど、あったかい」
その通りだと思った。切なくない恋愛なんてあったか。
切ないから恋愛だと思える。それは辛いことだけど
温かいことだ。だから恋愛って、いいものなんだよな。
俺は1クールずっと魔法にかけられていたわけだけど
いつかは解けてしまうんだろう、永久的な魔法などないんだから。
あとは自分で歩き出すだけだ。それでいいんだろ?
でもたまにまた、魔法をかけてほしい。
それほど、この作品の魔法はそれは凄いものだったのだから。