白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

自民党の次期総裁選だが、いろいろなところで暗躍があるようだ。
例えば、スポニチによると野中広務元幹事長が
「麻生以外なら誰でもいい、麻生総理を阻止しろ」
といったとか。
しかし、もはや野中氏は政界から引退。その影響力はどれだけ
残されているか疑問視せざるを得ない。
逆に躍進が期待されるのは共産党だ。
共産党は最近、市民側に立った選挙路線を行い、学生や主婦層の取り込みに
成功。また、「蟹工船」ブームにより新規入党者1万人を獲得している。
また、選挙対策にも力を入れ、以前のようにとりあえず数多く出馬し
供託金の没収によって党員の負担を多くするよりはむしろ
野党共闘で選挙区の絞込みを行い、足りないところを補い合うという
戦略で一致しているようだ。
一方で社民党は苦戦が強いられることが予想される。
社民党は旧社会党から分かれた政党だが、その左派的考え方は
共産党とかぶる上に、福島党首の指導力に期待が持てないのも事実。
さて、次の衆院選挙どうなるか。