白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

福田康夫内閣が退陣することになった。
本日午後9:30の記者会見で、福田首相が明らかにした。
かなり突然のことだったらしく、自民党内からも驚きの声が
上がっている。
恐らく後班には麻生幹事長がなるだろうが
それにしても、なぜ今なのか。
大きな原因としては、公明党との溝の深さだ。
元々、公明党は今解散すべきという声が大きかった。
というのは、もし来年解散する場合、都議選と被るため
その準備が間に合わないためだ。
また、公明党はいわゆるバラマキを活発に始めており
バラマキを嫌気する自民党との距離を取っていた。
公明党のスタンスを考えると、総選挙で与党離脱という
結果もあり得る。