白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日は晴れ、やや暑い。
暑いといっても、カラッとしているだけこっちではまだ涼しいほうだ。
今日は大野病院の裁判があるから、5時半には仙台を発った。
まぁ、もちろんその時は涼しかったさ。


それで、白石まではぶっ飛ばしていけたんだが
大河原あたりから渋滞し始めて、なかなか進まなくなった。
6時過ぎになると、ちょっと早いけど出勤とか
トラックとかで大分混んでいたのさ。
だから高速を使ってそのまま福島まで。福島地裁
インターからすぐだったんで、I氏、そして党首とはすぐ合流できた。
傍聴券の交付は地裁の裏口で、まだ誰も来ていなかった。
ただ、マスコミは何社か表でいいポジショニングしていた。
7時合流だったが、傍聴券配布は9時15分とのことで
2時間以上時間があった。だから3人で雑談したり
ちらほらとやってきた傍聴希望者と話し合ったりしていた。
すると、ワサーッと人がやってきた。
これは派遣とかバイトの人たちで、マスコミが傍聴券を求めて
動員した人々だ。俺はこういうやり方は好きじゃない。
情報は自分の足で稼ぐべきだ。だから、社員を動員すればいいじゃないか。
因みにバイトの子に聞いたら、日テレだけでも30人雇ったそうだ。
自給2500円。ボロい商売だね。
そうさ、河北さんはそんなことしない。現にこうやって…
「じゃあよろしくお願いしまーす」
ナムサーーーーーン!!!!!!!


結局、そんなこんなで傍聴券25枚を巡って、788人が並んだ。
整理券が配られたが、早く並んだ俺は必然的に2番だった。

で、いよいよ抽選が始まった…。
「4番」
\(^o^)/オワタ
そんなわけで、俺らは表で報道陣の一員として
加藤医師の入廷を見届けることにした。
共同、時事、読売、朝日、福島民報、民友、河北、福島放送ラジオ福島
業界紙の医事新報さんとか、テレビユー福島福島中央テレビ、テレ東さんの
中継者も見られた。
医事新報さんとは隣り合ったこともあって、情報交換とか
河北さんにはお世話になっているから、知り合いの消息について話したりした。
記者クラブに入っていれば、こういうのってスムーズなんだろうけど
外部の我々は他局さんに聞くしかない。そういう時に生きるのが
ジャーナリズム精神さ。同業者とわかると随分優しくなる。
お互いの苦労がわかっているからだ。同時に、スクープは漏らさない。
その線引きはうまいところは本当に勉強になるよ。
加藤医師の入廷の時は、いい写真が撮れた。上で出してるけど
最初は加藤医師ではなくて、弁護団だと思っていた。
後になって本人だとわかってびっくりした。
裁判は判決文読み上げのみだから、すぐ終わるもんだと思っていたが
昼を回っても終わらない。
我々は飲み物を買ってきてもらったり、そこらへんを偵察したり
裁判所の職員に質問したりで、時間を潰していたが
やがて担当の人が出てきて
「お昼を食べてから出てくるそうですので、1時15分を目処に出ます!」
とのことだった。ちなみにぶらさがり*1は禁止。
なので、市役所の食堂で飯食って、また地裁に行ったら、報道陣は
半数に減っていた。
だから、出てきた加藤医師を撮るのは造作ないこと。
問題はそれをまた追いかけて、記者会見でいい位置をとることだ。
加藤医師が出てきた段階で俺は他の2名を完全に忘れ
おっかけに命をかけた。
そして記者会見場で先頭に陣取り、いい位置で撮る。
ただ、ICレコーダーを持ってきていなかった。
だから仕方なくノートでメモを取るしかなかった。
2名は、後ろのほうでメモを撮っていたようだ。
河北さん、あんた。いい仕事してたよ。


そのあとシンポジウムに参加して
2人は帰っていった。俺は疲れを感じながら、4号線をひたすら北上。
白石でかなりの土砂降りに見舞われた。
それこそ前が全然見えないし、ワイパーが効果なしくらいの
凄いやつ。結構命の危険を感じたね。
でも白石を過ぎると、うそのように止んで
そのまま帰宅することができた。
朝早くから立ちっぱなしだった俺はすっかりつかれきって
簡単なレポートを書くとそのまま寝た。

*1:出てきた人が立ち止まって記者の質問に答えること