白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日は晴れ、暑い。
今日は仙台でも真夏日を記録したようで
本当に暑かった。今日が何もなくて良かったよ。


何もなかったわけでもなくて、実は原稿の件だとか
いろいろな仕事の話があったんだが、それは在宅でもできた。
つまりね。こんなクソ暑い時に外回りなんかできるかっての。
そんなわけで、今日は1日引きこもりで仕事をしていた。
或いは車で。
ところで党首がいろいろ忘れていったが、それを送り届けねば。
さてどうしたもんか。郵便にクールなんてあったっけ?
いくらなんでも、郵便事業で手を広げまくっているからといって
クールまではなかったような。クーデレな職員はいるかもしれんが。


それから、随分NPOの話も進んできた。
党首が来た際は、いろいろ営業もしたし
市民活動支援センターで、いい話も聞いた。
理事長が今多忙なので、今んとこ俺が代理でやるけど
まぁ相談しながらやってるし、何も言わなくてもきっちり動いてくださるので
まったく問題はない。むしろ俺が焦るくらいだ。
党の方はどうかというと、俺にはまったく情報が降りてこない。
まぁ自分から求めることもしなくなったこともあるんだけど
今、党に必要なのは明らかに人の和であって、これが今まったくない。
だから人が出ていく一方なんだよなぁ。
だからどうにかしないといけないのだが
提案したヤツが勝手にやれってスタンスはさすがにねーわと思う。
通常の組織は「これこれお願いします」となった時に
依頼された内容プラスαで返すのが普通だろ?
機械相手じゃない。人間しかいないんだから
人材育成をやらない組織というのはブラック以外の何物でもないと思うし
そんなものはないほうがいい。