白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

「非常に前向きだ」 福田首相、“毒ギョーザは中国の責任じゃない”の中国側見解発言に好評価
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008022800884


時事通信によると
福田首相が中国公安局がメタミドホスが中国国内で混入した可能性が
低いと公表したことについて
「(中国側は)これからも日本と共同して、しっかり調査したいということを言って
 いたのではないか。非常に前向きだ」と述べた。


皮肉だとすれば一流だが
今まで福田が絶妙な皮肉を言ったことがない。
まったくもって、福田内閣は問題が多すぎだよね。
今解散したら、どう考えても自民は負ける。
民主が勝ったら、自民独裁時代で良い思いをした自民諸君は
一体どうなるんだろう。それが見物ではある。


昨日、某ニュース番組ではイージス艦衝突を巡る問題で
自民幹部の話として石破防衛相は辞任は避けられない、タイミングだ。
と語っていたことを報道した。
恐らくこれは本当だろう。
「あいつらは日本を守る資格はない」と言っていた被害者の親族の方々も
あたご艦長が謝罪に訪れ、「全責任は私にある」といった記者会見に
反省を感じたようで、組合長も「気持ちの整理がついた」と語り
批難の矛先は、一転して防衛省に向いた。その防衛省はやはり官僚だった。
防衛委員会でもかなり激詰めされており、石波さんがその職に留まる限り
この問題はしばらく尾を引く。それが次期衆院選にもマイナス材料になることは
明らかであり、辞めるというのは理に適っている。
問題は、辞めても批難されるということで、一番どこで辞めれば批難が集まらないか
それを模索しているところだろうと思う。


また、冬柴国交相の答弁というか、これまた官僚というか
天下り団体の作った報告書があまりにもクソすぎて資源の無駄遣いだったり
とにかく天下り団体がゴミだということが改めてわかっているにも関わらず
国交省はその資料に何億も使っている。
で、答弁には古いデータを用いたり、冬柴自体がわかってなかったりで
本当に笑ってしまう質疑だった。
地方自治体では、道路特定財源維持にむけて気勢を上げているが
全国知事会も市長会もね、ちょっと待って。
地方でワーワー言っていても、国会でプロの負け犬の冬柴がいるから
恐らく世論は暫定税率廃止となる。
てことはどうすればいいか。
全国知事会・市長会の皆さん。
冬柴辞めさせて、地方道路行政に詳しい人を大臣にすべきですよ。
そうしないと、暫定税率は悪で利権というレッテルが貼られる。
地方では道路維持に金がかかるし、除雪もあれば、地方で大規模な祭りを
やった時には道路を封鎖して、その補償金を払ったりと
色々な使い道があるのだ。そういうのを永田町はわかっているのか。
だから、地方道路行政のPRのしかたを変えなきゃいけないのだ。