白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日は晴れ、暖かい。
さてさてさて、今日は待望のモンハン会全国協議会東北総局仙台支部チーム岩切
通称・岩切猟友会の総決起集会だった。
が、その前に、近くの東部校にてマジアカ5のプレイを!!
2位が2回で、ミノタウロス組になりましたですよ。
問題はまだ修練生だから、簡単なのが多かった。


全体的に、ゲームの進行が凄く早い。
トントントーンと行く。だから慣れるまではあわわ…となるだろうな。
あと、キャラクターがアニメーションが多くなった。
キャラ絵が4までは少なかったために、動きがカクカクだったり
ほとんど動きがなく、アニメじゃなくてほとんど静止画だったわけだが
5では、絵が多く使われており、例えばマロン先生が正解した時に
杖をシャラーンと振るのだが、その動きが滑らかになっていた。
それに、シャロンが外れたときにハンカチを噛むんだが
そのアニメーションも絵が多く、力を入れたであろうことが伺える。
キャラクター自体の絵も、顔が小さくなった。
どうなんだろうな、これはOVA化に向けた作画の変化なのだろうか。
それから、コナミデジタルエンタテイメント自体に言えることだが、プロモーションが極めて悪い。
昨日俺がコナミデジタルエンタテイメントのサイトで5の設置店情報を見ようとしたら、そのページがまだなかった。
それで、東部校が稼動していると知ったのはmixiのコミュだった。
これはおかしい。なぜなら、ゲーセンに筐体を稼動させるというのは
その日までわからないとかそういうアバウトなものじゃなくて
きちんと会社と契約して、その会社が運営するアミューズメント施設に搬入して
稼動させるからだ。従って、契約の段階で店舗の情報はコナミには入っていたはずで
広報は速やかにその情報を公式サイトに載せなければならない。
今時、QMAの情報を得ようとしたらそれは公式サイトが一番精確だ。
だから、公式サイトを見て客は5をやる日程を決めることが多いだろう。
そこで、まだページがなかったとなったら、しばらく稼動しないのか、と
思うのが当然だろう。全国でこんなことを思った客はどれだけいたか
そして、それによる経済的損失は、それこそかなりのもの。
だからこそ、今回はこの対応が極めて遅いと思った。
それから店頭でも、ポップを置くなりして、売り出すべきだ。
東部校で5に関する情報を見かけたのは3階の出入り口で
しかも小さい紙が壁に貼ってある程度だった。
そこじゃないだろ。1階の出入り口周辺に置かないと、大々的に売り出している
というアピールにならないだろ。普通に売り出したいのであれば
1階の出入り口付近にポップを置き
「2月20日より稼動開始!!」とかきちんと稼動開始日を書くべき。
そうすれば、その前にプレイ納めに来た人に対してもアピールできる。
またPR文を手書きにすれば、その店が5を全面的に応援している姿勢を
伺うことができて、その店独自の特典を期待したり、マジアカ筐体増数も期待したりで
集客数を高くすることができる。
コナミデジタルエンタテイメントはもっとPRやってくれ。


その後、モンハン会、岩切猟友会だった。

 
 さて、我が岩切猟友会は2月22日、害獣に対して討伐を行いました。
下記の通り、お知らせ致します。


            記


開催日時:2月22日(金)12時頃〜
開催場所:国道4号線バイパス付近の店舗など
参加者:きっく岩切猟友会代表幹事
    Hermit岩切猟友会狩猟技師兼理事
    えりい岩切猟友会ブログ広報局長兼理事
    k  岩切猟友会ジュニア所属青年部部長


狩猟達成動物:ティガレックス
       リオレイアリオレウスなど 


損害:記載事項なし
今後の課題:いたずらに分散せず、確実に1頭1頭狩猟すること
      罠などの補助狩猟用具の整備。

                           以上


ゾス!!
見込み1件です!
先上がります!ゾス!