白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

?グッドウィルグループ(GWG)が18日、公表したところによると
同社の大株主であるモルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・インターナショナル・ピーエルシー
保有株式が9.39%から11.33%に異動したことが明らかとなった。
これは1月9日の時点で異動したもので、GWGの株価は17日8,880円(大引け)で
前日比+1,000円となっている。
GWGは事業停止が行われており
業績の悪化は避けられない状況。その中であえて持株比率を上げるのは
ファンダメンタル的に考えて妥当な判断とはいえない。
こういった投機的な投資は、CSRや環境を重視したエコファンドの考え方が
注目されている中で、極めて時代に逆行した方法ではないだろうか。