白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日はくもり、やや冷える。
「ウェブ時代をゆく」欲しい!

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)

ところで、最近世界的に異常気象が流行ってますなー。
オーストラリアでは豪雨で、カリフォルニアでは山火事ですか。
こりゃ、ノルウェーエビアン飲み放題、マッターホルンボルヴィック飲み放題
ってわけですね。
環境問題といえば、レアメタルという金属をご存知だろうか。
希少金属と訳されるそれは、世界的にも数が少ない金属のことで
精密機器によく使われる。例えばマンガン、ニッケル、タングステンなどである。
これらが極めて純度が高くて、大変有効だっていうんだな。
例えば、白金だと排ガスの浄化にも効果的だそうで、そこらへんの
科学的なことは詳しい方にお譲りしたいのだが、そんなわけで
レアメタルの利用方法が極めて注目されている。
ところが問題があって、これらはレアというだけあって、埋蔵量が少ないんだそうだ。
大部分のレアメタル産出国上位3位が世界の5割以上占めている。
特に中国だ。中国はタングステンも、マンガンもリチウムも産出国3位以内に
食い込んでいる。だから我が国としては、中国との輸出枠を広めるよう
考えていかなきゃいけない。だけど相手はあの中国だからな…。
代替金属があるかっていうと、それも開発が難しい。
てことは、現状ではリサイクルを進めていくしかないわけだ。
で、一つタイムリーな話題がある。
YAHOO!のトップページの広告に、携帯充電器内臓のリチウム電池回収に
ご協力くださいという記事がある。
今、電池は一般的に水素電池を使っている。水銀電池はもう使えないからね。
リチウムイオンを使った電池というのが、非常に今注目されていて
耐久性・持続性・蓄電性あらゆる性能では、水素よりもリチウムを使った電池のほうが
断トツで良い。ところが前述のように、リチウムは数が少なくて価格も高騰しとる。
そんなわけで充電器を回収することでリチウムをリサイクルしようと
こういうわけなのだ。
今後、レアメタルがどのように利用されていくのか。
我々もその利用方法を考える必要があるだろう。


ところで話は変わる。
我々の友人でもご存知の方は多いと思うが
クイズマジックアカデミー5」のロケテスト秋葉原で行われたようだ。
新機能としては


「クエスト」を導入
購買部でクエストを受けられるようになった。
それで、クエストをこなすとカスタマイズアイテムが貰えたりするそうだ。


新たな問題形式登場

「スロットクイズ」が登場するそうだが…
これ回っている文字を回答すればいいのか?
何だかキューブみたいだな。


ルート投票が強化
全国オンライントーナメントでルート投票があったが
あれを強化して、自分の得意なジャンル、形式から得意なルートを
選ぶことができるということ。
つまりあれか、従来はアニゲーならアニゲーオンリーで問題の形式を投票していたが
ジャンルも選べるようになったということか。


なんにせよ。浅野さんのセリフが増えて楽しみだね。