白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

さて、ところで、舛添大臣が厚労省の役人にまただまくらかされたんだがご存知だろうか。
厚労省で「フィブリノーゲン」の調査をやった…という書類だが
これに、民主党と家西議員が噛み付いたのだ。
「大臣今騙されそうになってるから言うんだけど、
 フィブリノゲンだよ。フィブリノーゲンじゃないよ」
そう、フィブリノーゲンは「血液を凝固させる元になるタンパク質のこと」で
フィブリノゲンは製品名。だから本来はフィブリノゲン製剤の調査と
書かなければいけないものを、フィブリノーゲンと書いていたんですね。
しかも、厚生労働省は「フィブリノーゲン」の調査はやったかもしれないけれども
件のフィブリノゲン血液製剤の調査はやっていなかった。