白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日はくもり、やや冷える。
さて、今日は取材。とはいえ、こういうイベントも慣れたものだ。
編集の方の嫌味を皮肉で返すことようにもなったしな。
今回のは、えらい人ばかりで、正直気が引けることもあるけれど…。
このブログに載せられないことも入ってきたりするし…。
そんなこと書いた瞬間に次から来るなとか言われるんだろうな。
それはともかく、今日席が近かったおっさんが
高校の時の英語の先生にすげえ似てた。これは本人だろと思うほどだ。
これ声かけるかどうか迷うよな…。
そこで、その先生は声がハスキーで甲高い声だったから、声で確認しようと
思ったのさ。
すると…違うっぽい。性格も高校の先生は弱弱しくて腰の低い人だったし
似ている人は大雑把で、豪快な方なようで、違うと断ずることになったんだが。
で、ウロウロしておったら、係のおばちゃんに止められて
お酒を勧められた。いや、仕事中なんで…という間もなく酒を注がれてしまった。
こういう時、どうすればいいかというと。
注がれたコップをそのままテーブルに置くのは無礼にあたる。
なので、飲めない人は口だけ付けて飲んだフリをする。
これがテーブルマナーといわれているね。
そんなわけで、イベントの取材がこれからもいっぱいだ。
締め切り前のように、酒をがぶ飲みというのはまだ先になりそうだ。