白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

宮城県内でガラス製造を主な業務とする「倉元製作所」
これをご存知の方はどれだけおられるだろうか。
一応、JASDAQにも上場しているんだが。
ところで、倉元製作所の時価総額を計算してみたんだが
その額  18億3023万円(発行済み株式×現在の株価)とJASDAQ上場廃止基準の
時価総額が5億円未満と定めておりますので、この数はかなり危険です。
それに、中間決算において、純損益が38億7800万円の減益。
また自己資本比率は平均は全国平均は38.9%だが、倉元は21.5%とかなり低い。


また同社は
ガラス基板加工販売事業
スプリング製造販売事業
磁気ヘッド製造販売事業
精密研磨布等製造販売事業
産業用機械製造販売事業
といった事業を行っているが、この中で生産高が前年を上回ったのは
スプリング製造販売事業(103.84%)だけだった。
最も酷いのが産業用機械製造販売事業で、何と3.46%だったのだ。


受注高については、スプリング製造販売事業(103.24%)スプリング製造販売(139.38%)
が前年を上回ったものの、産業用機械製造販売事業は前年比(7.11%)だ。
全体的にも受注に関しては前期比72.42%の減少である。


また、、同社の主要な販売先はシャープと旭硝子でシェアについては以下の通りである。
シャープ 25.4%(前期比-2.4%)
旭硝子 15.9%(前期比-2.9%)となっており
両者共に前期と比べても倉元製作所からの購入を控えていることがわかる。


財務諸表で最も見逃せないことに
今期の持分法による投資の損失が1億7892万円もある。なんぞこれ。
そんで更に関係会社の株式売却損が6億6992万円もある…。
一番の損失はたな卸資産評価損6億1700万円と言っているが…。


いずれにせよ、すぐ潰れるなんてこたないかもしれませんが
これ業績は極めて悪いていうしかないでしょうね。