白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日は晴れ、やや暑い。
えーと中堅宅で資格の勉強をしてきました。
ところで、福田内閣の支持率ありゃおかしいだろと
閣僚がほとんど代わってないのに何だ支持率はと。
こういう話をしたら
「女性に人気があるからね。これだから政治に興味がないと云々」とぼやいていた。
中堅の言うことは一々もっともだ。
政治には興味がないという人は世の中に多くいてるが
それは社会学的に「自由からの逃走」というのとよく似ている。
ナチスを生み出した時のドイツ国民はまさにそうで、第一次大戦
自由を手に入れたまでは良かったけど、自由を手に入れたがゆえに
どいつが首相になっても同じ、とりあえずいいことをしてくれれば自由は制限してもいい
「選択しない自由」を行使することになってしまったということだ。
それに、そういった無関心主義はえてしてフリーライダー問題の原因となる。
個人的には、自由は制限されても致し方ない場合はあると思うんだな。
個人が社会から乖離した状況が許されるかっていうと、答えはノーだからね。
そんなわけで、自分の生活を守るために、政治には参加しようということだ。
中堅の一言から、このように深い考えに至ってしまった。