白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

日経平均 16,381.54 +579.74
TOPIX    1,567.58 +56.63


今日は、何と5年半ぶりの上げ幅で16,000円台回復であります。
FRBが0.5%の利下げを発表したためで、これは大きなカンフル剤になる見込み。
利下げによってなぜ株式が上がるかというと、基本的には2つありますかね。
企業は事業をする行う時、全部自分の金でやるわけじゃありません。
もちろん銀行から融資を受けたりするわけです。
ところが金利が上がると、当然返すお金も大きくなるし
そうすると、コストが余計にかかって事業の幅が狭くなってくるというわけ。
金利が下がると、返すお金の割合が少なくなって、事業に広がりが出てくる。


もう一つは
金利が上がると株式は買わずに債券を買う。
金利が下がると株式を買う。
債券は利率で収益が違ってくるので、まぁ当然のことですが
日本では債券を買っても、利率が良くないので収益としては微妙ですよね。
アメリカは高金利の国で有名なので、現在アメリカドルは3.500%。
日本の国債は1.15%なので、先進国でも低い部類に入るんです。
ただし、日銀は信用力が極めて良好。リスクも少なくて、安全な投資というわけですね。


ところで、この大幅値上がりの中にあって
下がった銘柄は確実に存在している…。恐ろしいことに
クレディア 31(-81.44%)
H.I.S. 2,160 (-14.46%)
グッドウィル 14,160 (-9.40%)
東精密 2,510 (-7.04%)
ロプロ 84 (-6.67%)


グッドウィルは最近乱高下が続いているが
これはあれだ。すっかり仕手筋にされてしまったな。