白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

「FX取引に賭博性」証券会社に賠償命令 仙台地裁判決


本日の河北新報によると、利府町在住の60代の女性が
日本ファースト証券(東京都)に対して900万円の損害賠償を求めて提訴した裁判で
仙台地裁は5日、同社に対して595万円の損害賠償を命じる判決を下した。
日本ファースト証券(東京都)でFX取引を行った際
2004年8月から2005年11月にかけて「価格が上昇する」
といわれ、2110万円を投資し、535万円の損をした。
解約を申し出たところ「もう少し待ってほしい」などと応じなかったという。


日本ファースト証券の違法性については、未公開株等に絡む問題について
当ブログでも度々言及して参りましたが、勧誘に関する違法性が
裁判で明らかとなったのは、逆に遅い気がします。
ちなみに、利府町は仙台支店の管轄ですが、仙台支店は二日町にありまして
県庁のすぐ近くです。同社は最近になってようやく先物業者の認可を受けたばかりなのに
早速違法続きでどうするんでしょうか。

さて、じゃあ何でそんなにしつこいんだって話になりますが
先物や為替の会社というのは、何で利益を得ているか。
それは手数料です。先物や為替は、通常○枚といいますが
これを何回もやると、結構な手数料になります。
日本ファースト証券では、取引手数料が1通貨あたり0.05円(片道)なので
1万$(約115万円)買うと、500円の手数料が発生します。
10万$(約1150万円)買うと、5,000円です。
こういう風にして、証券会社は利益を上げていきます。
それだけでも通常は足りないので、投資信託やトレーディングを行うわけですが
日本ファースト証券のファンドはあまり奮わないばかりか
トレーディングに至っては大した利益は上げていないってわけで
結局は手数料に頼ってしまうわけですね。そんなわけで、できるだけ高額の取引を
何回もさせて、解約させないようにする。それはこの会社だけじゃないんです。
本当に恐ろしい業界ですよね。