白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日はくもり、やや暑い。
朝は結構な雨が降った。昼前には止んだのだが。
風邪は相変わらずだ。咳も出るし、鼻水も酷い。
体も重いので、安静にしていた。こいつはちょっとあれだな。


会議中に居眠りに携帯電話、挙句の果てに折り紙をする国会議員
http://www.nicovideo.jp/watch/sm771740

この動画、政治に興味がある人は見ておいたほうがいいだろう。
民主党の永田元議員が外務委員会で、携帯→居眠り→折り紙→居眠り
の一部始終をバッチリ撮られていた映像。
ついでに鳩山幹事長もぼけーっとしているところが映っていて
ほんと民主党大丈夫かなぁと思わせる映像。


ところで、党のスレッドにおいて
広報局長が別人を演じて党の方針を批判し、それがバレてしまうという失態が起こった。
折りしも執行部選挙の只中で、しかも2chのスレ上においてだったから
党首は当事者を呼び、厳重な注意を与えた模様。
広報局長は厳正な処分が下されるものと推察されるのだが
それにしても何という愚かしいことだろうか。
これで本当に庶民のためとか何とか言えるのか。
俺も正直、弱小以下の政治団体に何ができるのか考えてみたが
やっぱり、法廷支援や企業に対する糾弾を行うのが筋だ。
今まさにグッドウィルユニオングッドウィルに対して
ピンハネ分の給与の支給を求めて提訴を行っているが
我が党は、これらに対し人的・財的な支援を行い
公開質問状や情報開示を求める運動をすべきなのではないか。
内ゲバだ、街頭演説だ、政策だ、ではない。
今まさにできることがすぐそこにあるじゃないか。
そう、我々は常に目の前を見なくてはいけない。
執行部がだめだというなら、東北支部でやるのみだ。
主に
・法廷闘争の支援策として財政・人的支援を行う
・ビラ配りやデモ活動に参加、人材派遣の諸問題に積極的に関わる
グッドウィルフルキャストといった業務改善命令を受けた企業に対し
 派遣労働者にアンケートを取った上で公開質問状を送付する・
・労働問題に詳しい弁護士や学識経験者を呼び、講演を行う。


これらの活動を私としては今すぐにでもやるべきと考えています。
私は今期執行部には立候補していませんが、地方支部長となった暁には
東北在住の派遣労働者、並びに労働問題で非常に苦しい人の支援を行います!!