白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日は晴れ、かなり暑い。
うだるような暑さというのはこのことなのか。
暑すぎだろ…常識的に考えて。
仙台では最高気温33℃を記録し、今年一番の暑さだ。


いつもの演説場所でどこぞの政治団体が演説していた。
まぁあんなとこで選挙の後に意味もなく演説するのは
共産党城内実くらいしかいない。
と思って、スルーしようとしたんだが
声がでかいんだな。腹の底から声が出ていたよ。
しかも内容がヤバい。
安倍内閣を…革命ができます!!」とか言っていた。
安倍内閣を…するとは!!何と過激な、それで革命とは…!!
何はともあれ、政党にとって活動資金というのは実に重要だ。
例えば実業家とか、有力者が政党を作るっていうなら話は別で
そうでない場合、どうやって資金を得るかというと、やはり寄付か献金しかない。
ただし、献金を受ければ相手に便宜を図らなければならない。
それがしがらみとなるわけだな。
さて、俺は献金には賛成。ところが、企業にしても業界団体にしても
タダで金は出さない。そこでどういう便宜を図ることができるのか
考えなければならない。こんなこと言うと「金でしか動かない」
とか言われるが、まずは活動するための体裁を整えるのが先決だ。
色んなアプローチはできるかな。考えてみよう。


そーそー。
明日はオフだから
100円2クレのところにマジアカ修行に出かけるぞ。
俺一人で行く予定だが、希望者は朝までメールか電話すること!