白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。


事故発生直後の仙台市営バス(前)と宮城交通の路線バス(後)


本日午後5時40分頃、路線バス同士の追突事故が発生した。
この事故に関係したのは仙台市営バスと宮城交通株式会社の路線バス。
事故発生時に居合わせた本誌記者によると
仙台市営バスがバスターミナルから道路に出ようと止まっていたところ
宮城交通所属バスが追突、同社バスの前部に突き出ていたミラーが市営バス後部窓に
ぶつかり、後部窓に20センチほどのひびが入った。
乗客に怪我人はなく、事故発生後間もなく全員降車した。
乗客の1人は「ドンと言う音がして、すぐ降りるように言われた」と語った。
この事故により一時2台の当事車両がバスターミナルの出入り口を塞いだ。
当時バスターミナルは強風が吹いていた。