白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

最早男達は、睡魔との闘いに憔悴していた。
しかし、中堅はいない…なぜか!?
そう、中堅はどこに!?



菊地「今何時かって思ったら4時ちょ、もうすぐ5時」
無言
菊地「あれ、中堅君は?」
k「お風呂」
菊地「あ、風呂か(笑)なげーなぁ。風呂なげーよ。中堅君なだけにやっぱり」
k「あっ」
菊地「(笑)」
無言
菊地「中堅君はけべーよ、けべ、けべ…中堅君の今度のあだ名をけべだ。はいM田・・・おい、おい」
M田「なに?」
菊地「何で何で電気消すんだよ」
M田「(聞き取れず)」
菊地「しかし、またM田に回さねばならんなぁ」
M田「そうか」
菊地「そのうちね」
レコーダーをぶつける音
k「やべ」
菊地「何がやべーんだ?」
k「ん?やべって言ったんだよ?」
菊地「何がやべーんだ、だから」
k「やべ、やべたかしだよ
菊地「は?」


k「やべ、矢部浩之だよ」


菊地「やべたかしとかって(笑)誰?って思った」
k「新しいカード見んの?見る?」
菊地「え?」
k「おかむ…いいや」
菊地「俺もう寝る。寝させろ…ぐー」
誰か「バーン(?)」
菊地「この睡眠を中堅君に(以下聞き取れず)そういえば昨日歯磨きすんの忘れちまった」
N村「俺も」
菊地「どうも歯がいてえと思った…うわーなんてこった。今から寝ちまったら俺3日休むんじゃん。むかつく」
誰か「サボリ魔」
菊地「クビにされちまうかもしんねえなぁ、まぁいいんだけど」
N村「ま、(以下聞き取れず)」
笑い声