白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

無防備都市条例を提案 向日市会 市長は否定的な見解
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007011700044&genre=A2&area=K30


同条例によると
・軍事に関する事務を行わない
・軍事施設の建設を認めない


などを定めているそうです。
それに対して、当の市長は

久嶋市長は「(無防備地域宣言は)当該地域の防衛に責任を有する当局、すなわち、
わが国においては国が行うべきもの」とした上で、「特定の都市が宣言したとしても、
ジュネーブ条約第一追加議定書に規定されている宣言に当たらない」「市による宣言は
実質的な効力を有しない」などと否定的な見解を示した。


などと妄言を吐いているそうですね。
何でこうやって日本軍国主義に協力したがるんですかね。
この侵略主義者共!軍国主義者共!
戦争に協力しないという宣言はとても素晴らしいことだ。
以下の都市が第二次世界大戦中に宣言を行っている。


フィリピン・マニラ
アメリカ軍と日本軍との激しい戦闘があった。


ドイツ・ドレスデン
連合国軍のドレスデン空襲により最低25,000人が死亡したとされる。


こんな素晴らしい宣言を出した都市で激戦があったのは国の責任なのだ!
地域が降伏したのに戦争が終わらないのは国が降伏しないからなんですよね!
ジュネーブ条約では、地域でも無防備宣言は出せることになっている。
但し、それは国が出せない状況にあって、尚且つ軍部との合意が必要である。
要するに国も軍も「もううちの国はお前んとこを守れないから好きにやれ」
ということなのだ。
国民年金を受給できないし、健康保険もなくなってしまう。
大きな災害が発生しても自衛隊が来てくれないし、公務員である警察官も
機能しなくなってしまう。
そんな状況になったらどうだろうか…生きていけないよね。


そう、そんな時のために占領軍に協力するのだ。
当然、ジュネーブ諸条約では占領地の住民に対して人道的に取り扱うことを
定めている。
では、ジュネーブ条約を批准していない中国や北朝鮮が攻め込んできたら?
そういう質問をすると「国際世論の目がある」と言い出す人がいる。


ではベトナム戦争での住民虐殺は?
朝鮮戦争での北朝鮮による占領地への扱いは?


非難はされたかもしれないが、それだけだ。
アメリカは批准国だが、同時に安保理常任理事国でもある。
ただ、既にアメリカには占領されてるけど、国家的な犯罪行為はなかった。
逆に食料援助とか、経済援助で助かった場合が多い。
ふーむ、中国占領下のチベットでそういう話は聞かないな?
坊さんが人民(から魂を)解放(する極めて仏教的な)軍に射殺されたという報道はよくあるが。
因みに、占領軍に積極的に協力した場合、日本国の刑法に触れる恐れがある。
外患援助とかね。怖い怖い。
あ、でも占領軍が都市を要塞化しちまったらどうしよう。
助けて自衛隊