白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

2ちゃんねるが差し押さえの対象となっている模様。
現在、様々な訴訟の係争中の2ちゃんねる管理人・西村博之氏。
けれども本人は巧みに姿を現したり消えたりで
日大全共闘秋田明大議長ばりの荒業をやっているわけですが
そんな態度に業を煮やした人物がいた―。
35歳の会社員。彼は2ちゃんねるにおいて個人情報を晒され
「ネットストーカー」「人間の屑」などと中傷を受け
訴訟を起こした。裁判所は西村氏に対して情報開示を命じたが
当の本人がそれを無視し続けたので、裁判所は1日5万円の制裁金を
科すことになった。100日過ぎたので、既に500万円に膨らんでいるそうだ。
ところで、西村氏は管理人だけど
本人の曰く「削除パスワードなんて忘れたよ」(2ちゃんねる大辞典DVD)と語っており
実質的な管理は削除人と呼ばれるボランティアが行っている。
余程の犯罪性がない限り、利用はユーザーに任せているというのが現状だ。
これには、非常に自由に物を書ける一方で、無責任な書き込みを生み出す温床ともいえる。
LIFE誌やオリコンチャートにも影響を与えた「見えざる力」。仮に閉鎖となった場合
彼らの矛先はどこへ向かうのだろうか。


さて…実は35歳会社員は既に名前が特定されてしまっており
ミクシィなどで槍玉に挙げられている。2ちゃんねるでの意見は実に多種多様。
「500万円くらい払ってやれよ」という声から「ネットストーカーって何をしたんだ?」という声も。
2ちゃんねるで一般人が叩かれるのは、実はなかなかない。
なぜならば「そんなヒマはない」から。ネットウォッチも原則突撃は禁止。
必然的に叩かれるのは有名人になってくる。
だからこそ「何して晒されたんだ?」というのは重要なファクターになる。
犯罪性が高ければ、社会的制裁というチェックアンドバランスが働くから。