白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

昭和18年(1943) の今日は、タラワ島玉砕の日。
ギルバート諸島の小島に浮かぶこの島では
日本軍守備隊約4600人
(第3特別根拠地隊本隊902名(柴崎恵次少将)、佐世保第7特別陸戦隊1669名など)
米軍攻略部隊18300人
(海兵第2師団(ハリー・ヒル少将))
が大規模な攻防戦を繰り広げ
うち米軍死傷者約3300人。
生存者は146人。

米軍も大変な被害を受けていますが、驚くべきことに
この時日本軍は飛行機による爆撃を行っていますね。
同じくマーシャル諸島のルオット島から陸攻9機と戦闘機39機出しています。
それから、潜水艦9隻出していて、護衛空母撃沈ですよ。
ノルマンディーにおけるドイツ海軍の戦力潜水艦3隻より遥か上というわけで。
焼け石に水であることには変わりないんですが
戦場が遠すぎたこともあるのかな。
爾後、早すぎた玉砕が無謀なバンザイ突撃にあることはあんまり学ばなかったようです。