白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

昭和19年(1944) の今日は
騰越守備隊が玉砕した日。
現在の中国雲南省にあります。
はっきり言って山奥。辺境の地。
でもこれが戦略上の拠点とされたのは
米英の援助物資がこのあたりを通っていたからで
蒋介石を援助しているから援蒋ルートといわれていました。
これに対して日本軍は予めビルマ下士官を派遣してビルマ独立義勇軍
を結成させ、その軍事訓練にあたりました。
後のミャンマー独立には、この時訓練された兵士が中心となりました。
ここを守備していたのは歩兵第148連隊(蔵重康美大佐)約2000名
米中軍約72000名。中心は雲南遠征軍(衛立煌将軍)。
米軍は1日3000発もの猛爆撃を加え、そこに重装備の中国軍
総攻撃を加えたものだから、守備隊は成すすべもなく倒れていきました。
生存者は50人に満たないといわれています。