白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

ダヴィンチ・コード」ですが、はてさて…どうしたものか。
オプス・デイが完全に悪者にされています。
これでは当然抗議するわけです。
映画の最後に「この映画はフィクションです」と出ていましたが…。
私個人としては、ダヴィンチの暗号とやらをもう少し突っ込んでほしかった。
モナリザがL.H.O.O.Qになったら、もっと面白い。
全体的には面白かったですね。
但し、妄想が過ぎる。