白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

本日付の山形新聞によると
国勢調査で、県の人口が121万6116人で
前回調査*1より2万8031人の減少であることを公表しました。
人口が122万を割ったのは1940年以来65年ぶりで
2万人以上減ったのは40年ぶり。
最も減少が多かったのは、最上地域で4.89パーセント。
ちなみに山形市の人口は255959人。
改めて少子化の問題を浮き彫りにした形となりました。
しかし2万人の減少というのは大した数ですよね。
1つの市がまるごと消えたのと同じくらいですから
結構深刻な問題です。税源もかなり減っているわけですし。

*1:2000年